歩いて、撮って、食べて。

旅行、カメラ、食べること、ディズニーが大好きな20代。主に旅行の記録とtipsを書いていこうと思います。それでは、Bon voyage!

世界チェーンだけど違いはある〜フランスのマクドナルド

日本にも数多くの店舗があるファストフードの世界チェーン、マクドナルド。

 

マクドナルドってどこでも同じでしょ…?と思って入らないなんてもったいない!

国によって違う様式や、国特有のメニューが新鮮で面白いのに…!

ということで、本日は面白いフランスのマクドナルドの様式やメニューを紹介します。

 

 

注文が面白い

日本のマクドナルドと言えば、レジで注文。それが一般的ですよね。

 

しかし、海外ではタッチパネルで注文します。(もちろん有人レジも存在します)

こんな密度で並んでいるから、レジより圧倒的に数が多い。

f:id:vonchannn:20171118163115j:plain

 

ほしい商品をパネルでタッチするだけで下のオーダーリストに追加されます。

トータル金額が出るのも地味に嬉しいですね。

f:id:vonchannn:20171118163431j:plain

 

支払いはクレジットカードを自分で差し込んでPINコードを入力すればOK。

支払いの前には、ドナルド・マクドナルド・ハウスへの寄付をお願いする画面も出てきました。

f:id:vonchannn:20171118164051j:plain

 

あとは、自分の座席階(salle)を選択します。

発行されたレシートには、自分の番号と階も表記されていますね。

f:id:vonchannn:20171118164347j:plain

 

あとは自分が選択した階の座席で待っていたら店員さんが商品を運んできてくれます。

f:id:vonchannn:20171118173943j:plain

 

そう言えば、日本のマクドナルドだと座席で商品を待つお客さんには目印のナンバープレートを渡していたような気がしますが、この様式だと店員さんはお客さんを探すのが大変そうですね。

 

国特有のメニューがある

日本にも"月見バーガー"のなど日本特有のメニューがあるように、

フランスにもフランスらしいメニューがあります。

 

ブルーチーズベーコンバーガー

まずはこちら。

"ブルーチーズベーコンバーガー"(7.5ユーロ)です。

f:id:vonchannn:20171118170020j:plain

 

もう、ネーミングだけで「フランスっぽいね!」と勢いで選択しました。

 

それではオープン。

f:id:vonchannn:20171118170748j:plain

 

(あれっ、意外と薄い…)

 

f:id:vonchannn:20171118170828j:plain

 

中には、チーズ、ベーコン、ハンバーグ、焼き玉ねぎが入っていました。

 

お味ですが、まず、ハンバーグが薄くてぼそぼそと硬かったです。

チーズは私が思っていたよりも臭みがなかったので安心して食べることができました。

「これで7.5ユーロかぁ…」と考えると、日本では同じくらいの値段でハンバーグの分厚いおしゃれバーガーが食べられそうです。

 

それでは気を取り直して次のバーガーに行ってみましょう。

 

グランド・ベジタブルバーガー

お次はグランド・ベジタブルバーガー(LE GRAND VEGGIE/5.8ユーロ)。

f:id:vonchannn:20171118173028j:plain

 

野菜が多く摂れそうという理由で注文しましたが、これは期待通りの予感!?

 

f:id:vonchannn:20171118173354j:plain

 

中は、カボチャや人参が入ったコロッケ、レタス、トマト、紫キャベツ、ソースでした。

バンズにはカボチャの種が乗っています。

 

こちらは…とても美味しい!

かぼちゃの甘みのあるコロッケがボリューム満点で満足度高いです。

 

ブルーチーズバーガーよりお値段は安いのに、味・お腹共に満足できるのでおすすめです。

 

マックカフェも違う!

マックカフェだって違います。

f:id:vonchannn:20171118174654j:plain

 

ラインナップは、ドーナッツ、ケーキ、クッキー、マフィン、マカロンなど。

f:id:vonchannn:20171118174817j:plain

 

ちなみに日本のマックカフェがこちら。

マックカフェ バイ バリスタ(フード) | メニュー情報 | McDonald's マクドナルド

 

日本と比べてドーナッツの種類が多かったり、クッキーやマカロンがあったりと日本と大分違いますね。

 

今回は"フラン(flan)"と"アップルパイ"を買いました。

 

フラン

f:id:vonchannn:20171118180153j:plain

 

flanの意味としては「プリンのように液状のものを型に入れて蒸し上げたもの」。

これはプリンタルトです。

 

ふるふる食感で甘すぎず、卵の甘みがほんのりと美味しいタルトでした。

 

アップルパイ

f:id:vonchannn:20171118180606j:plain

 

ほろほろとした生地の中にはリンゴがごろごろ入っています。

こちらもほんのり優しいお味でした。

 

 

フランスのマックカフェのデザートは、2ユーロ台と比較的安価ながらケーキの一切れも大きくて美味しかったです。

 

 

 

このように、同じマクドナルドでもこれだけの違いがあります。

日本との違いを体感しに、あなたも旅先のマクドナルドに入ってみてはいかがでしょうか。